1. ホーム
  2. セルサイエンス
  3. 研究用試薬
  4. ブロックエース粉末

セルサイエンス

ブロックエース粉末

本品は乳タンパク質から調製した新しい免疫実験用ブロッキング剤です.
乳タンパク質は疎水性基を多く含むため, プラスチック, メンブランフィルターなどに対し高い親和性を示します.
そのためBSA*など従来より用いられているブロッキング剤に比べ, ELISA, RIA, イムノブロッティング法における抗原あるいは抗体の非特異的吸着のブロッキングに, 優れた効果を発揮します.
*BSA:Bovine Serum Albumin

cs-reagents-blockace-img01

特長

  • ブロッキング効果が高く, バックグラウンドを低く抑えられるので, ELISAなどでの低濃度測定に有用です.
  • 加熱処理されており, ウシ由来の抗体, 酵素またはウイルスなどは不活性化されています.
  • 熱や凍結に対して安定です.
  • 生理活性物質の安定化作用があり, 希釈剤としても利用できます.
  • BSA溶液を用いる場合に比べ, 経済的です.
  • 水にすばやく溶解します.

使用方法

ブロックエース粉末は, 通常本品4gを精製水100mLに溶解し, これを原液として使用します.

■ブロッキング
ブロッキングには, 原液か脱イオン水で2~4倍に希釈して使用します. (ELISAには4倍希釈液, ウエスタンブロッティングには原液を目安に使用してください. )

■希釈
試料および標識抗体の希釈には, 脱イオン水で10倍に希釈して使用します.

■洗浄
B/F分離等の洗浄操作には, 脱イオン水で10倍に希釈した後に, 所定量(0.05~0.2%)のTween20を添加して使用します.

保存方法

室温(輸送は冷蔵)
(本品は加熱処理済みですが, 保存剤, 抗生物質などは添加されていませんので, 開封・溶解後は凍結保存してください. )

参考例

(ブロックエースと1%BSA溶液とのブロッキング効果の比較)
抗ヒトカッパ鎖抗体, 抗ヒトラムダ鎖抗体をコートし, ブロックエースまたは1%BSAでブロッキングした後, ヒトIgG ELISAを行うとブロックエースではバックグラウンドが低く, 勾配の高い標準曲線が得られています.

cs-reagents-blockace-img02

価格、在庫状況はこちらから